Top > top > 着物の下着の着方

着物の下着の着方

着付け教室では、まず、自分で着物が着れるようになることを目標としています。帯は名古屋帯です。着物を着る前に、足袋と下着を着ます。

着物の下着は私自身、何回も着たことがあります。まず足袋を履いてから下着です。
着物用下着の上着のほうを肌着(はだぎ)、下のスカートのようなものを裾よけ(すそよけ)といいます。

今まで着付けしてもらった美容院では、肌着を着てから裾よけをつけて(着て)いました。
ところが、着付け教室で初めて習った着方は、裾よけをつけてから肌着を着るのです。ちょっとビックリです。先生に言ってみたら、多くの美容師さんは肌着を先に着せてから裾よけをつけさせるとのこと。よく考えたら、肌着をあとで着るほうが、首のあたりから下着が見えた場合などに調整しやすいですよね。納得です。

裾よけをつけてから肌着を着て、腰紐で縛ります。腰紐を縛る時は二回かけて持っている紐を反対にひねってかけます。
文字で書くとわかりづらいので、写真付で別の記事を作成しようと思います。

着物関連サイトへ

top

関連エントリー
 たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  浴衣の着付け  補正用アイテム  練習用の振袖を激安で購入  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  振袖の変わり結び用帯枕  全通柄の名古屋帯でお太鼓  激安 練習用着物セット  半幅帯で貝の口を結ぶ  名古屋帯でふくら雀  留袖の着付けポイント  女性の袴  組紐体験教室 2日目  着物の着付け 練習用マネキン  組紐(くみひも)体験 初日  着物と帯を問屋さんから直接購入!  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着物のテキスト購入しました  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意  着物の下着の着方  タオルで補正  着付け教室 初日  着付け教室に通う準備  着付け教室の授業スタイル  着付け教室の探し方  着付け教室を探し始める