Top > 着付け教室備忘録 > 女性の袴

女性の袴

着付け教室で女性の袴の着付け練習をしました。
袴を着付けるポイントは、着物の裾を袴の裾よりも高くしなくてはいけないということです。普通に着物を着せたら袴から着物が見えてしまいますからね。

おはしょりを多く取るのも手ですし、普通に着物を着せてから裾を腰の辺りまで上げて腰紐でしばるというのも手です。
人によって裾の上げかたはいろいろです。

着物を着せたら帯を結びますが、帯は半幅帯を使います。袋帯や名古屋帯ではなく、半幅帯です。帯を結んだら袴をはかせますが、最近は女性の袴でもへらがついているものがあるんだそうです。
まず袴の前側をしばってから、後ろをしばってリボン結びで完成です。


大学の卒業式に「はいからさんが通る」の格好がしたくて、紫の矢絣模様の着物を着て袴をはいたのを思い出しました^^

女性の袴は、今では学校の卒業式くらいしか見ませんね。
正式な場で着るものではないから、つまり、フォーマルな衣装ではないから、というのが理由のようです。

着物関連サイトへ

着付け教室備忘録

着物の着方や帯の結び方を紹介します
関連エントリー
 たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  浴衣の着付け  補正用アイテム  練習用の振袖を激安で購入  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  振袖の変わり結び用帯枕  全通柄の名古屋帯でお太鼓  激安 練習用着物セット  半幅帯で貝の口を結ぶ  名古屋帯でふくら雀  留袖の着付けポイント  女性の袴  組紐体験教室 2日目  着物の着付け 練習用マネキン  組紐(くみひも)体験 初日  着物と帯を問屋さんから直接購入!  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着物のテキスト購入しました  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意  着物の下着の着方  タオルで補正  着付け教室 初日  着付け教室に通う準備  着付け教室の授業スタイル  着付け教室の探し方  着付け教室を探し始める