Top > 着付け教室備忘録 > 留袖の着付けポイント

留袖の着付けポイント

着付け教室で留袖を着せる練習をしました。
留袖を着せるポイントとしては、比翼(ひよく)を少し引き気味にして衿先ベルト(コーリンベルト)で留めるということでした。

それから、留袖は重いので、丈合わせをしている時にだんだん落ちてきてしまいます。
丈を合わせたつもりが、裾を見たら「アレ?下がってきてる?」っていう感じです。
なので、内側はちょっと引き気味(上げ気味)で合わせるくらいがちょうどいいです。
丈を決めて腰紐を締めたら、開いてみて丈の長さを確認してみるといいです。

初めは比翼の引き加減がわからなかったんですが、何回か練習しているうちにだんだんコツがつかめてきました。
比翼を引き加減にして留めると、衿元がスッキリします。
きちんと衿を抜くことも重要なポイントになります。

着物関連サイトへ

着付け教室備忘録

着物の着方や帯の結び方を紹介します
関連エントリー
 たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  浴衣の着付け  補正用アイテム  練習用の振袖を激安で購入  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  振袖の変わり結び用帯枕  全通柄の名古屋帯でお太鼓  激安 練習用着物セット  半幅帯で貝の口を結ぶ  名古屋帯でふくら雀  留袖の着付けポイント  女性の袴  組紐体験教室 2日目  着物の着付け 練習用マネキン  組紐(くみひも)体験 初日  着物と帯を問屋さんから直接購入!  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着物のテキスト購入しました  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意  着物の下着の着方  タオルで補正  着付け教室 初日  着付け教室に通う準備  着付け教室の授業スタイル  着付け教室の探し方  着付け教室を探し始める