Top > 着付け教室備忘録 > 着物・帯・小物の用意 > 名古屋帯でふくら雀

名古屋帯でふくら雀

全通柄の名古屋帯でふくら雀を結ぶ練習をしました。
名古屋帯でふくら雀を結ぶなんて、考えてもみなかったんですが、簡単にふくら雀が結べたのでびっくりです。

使ったのは、名古屋帯と改良枕です。

改良枕でのふくら雀は袋帯のときも習っていたのですが、名古屋帯でも簡単に結べました。
道具(小物)がないときは手結びで結ぶしかないですが、小物って、ほんとに便利だと思いました。

改良枕に名古屋帯の手先を裏側から入れて、枕の2.5倍の長さをお太鼓側から取って位置合わせします。
改良枕を返し、箱ダーツをとってから戻します。

衿から手幅くらい降りたところに改良枕の位置を決め、前で紐を結びます。
あとは胴に1周だけ帯を巻き、改良枕のところで折り返し、羽を作ればOK。

総柄(全通柄)なので、柄のことはあまり気にしてません。
ポイント柄でも練習してみないと、ちょっと感覚がわからないかな。
ポイント柄の名古屋帯で結ぶときは柄を枕の上のほうに持ってくるほうが帯が生き生きとします。
ここがポイントになりそうです。

着物関連サイトへ

着付け教室備忘録

着物の着方や帯の結び方を紹介します

着物・帯・小物の用意

関連エントリー
 たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  浴衣の着付け  補正用アイテム  練習用の振袖を激安で購入  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  振袖の変わり結び用帯枕  全通柄の名古屋帯でお太鼓  激安 練習用着物セット  半幅帯で貝の口を結ぶ  名古屋帯でふくら雀  留袖の着付けポイント  女性の袴  組紐体験教室 2日目  着物の着付け 練習用マネキン  組紐(くみひも)体験 初日  着物と帯を問屋さんから直接購入!  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着物のテキスト購入しました  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意  着物の下着の着方  タオルで補正  着付け教室 初日  着付け教室に通う準備  着付け教室の授業スタイル  着付け教室の探し方  着付け教室を探し始める  浴衣の着付け  練習用の振袖を激安で購入  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  激安 練習用着物セット  名古屋帯でふくら雀  着物の着付け 練習用マネキン  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着付け練習用小物セットの用意  たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  補正用アイテム  改良枕で二重太鼓  振袖の変わり結び用帯枕  激安 練習用着物セット  名古屋帯でふくら雀  練習用の帯締め・帯揚げ  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意