Top > 着付け教室備忘録 > 半幅帯で貝の口を結ぶ

半幅帯で貝の口を結ぶ

半幅帯で貝の口を結んでみました。
本来ならば、最初に着付けで習う帯結びなんだそうです。
私の場合は、名古屋帯と袋帯を持っているけれど半幅帯を持っていなかったので、後回しになっていました。

男性の着物のときに角帯(三尺帯)を結びましたが、そのときに貝の口を教わっていました。

貝の口の結び方は男性用も女性用も同じですが、帯の幅が違うので、はじめに残す帯の長さが微妙に違います。
男性用の角帯(三尺帯)なら30cmくらい、女性用の半幅帯なら40cmくらいですが、帯の厚みによっても長さが違ってきます。
カッコよく結ぶには、長さの加減が難しいですね。

貝の口って、どうして「貝の口」って呼ぶんだろうって、ずーっと不思議だったんですが、結び口が三角形になっていて、一方がパクパク開くんですね。(普段は結び口はぺっちゃんこですので開きません)
だから、貝の口。勉強になりました。

着物関連サイトへ

着付け教室備忘録

着物の着方や帯の結び方を紹介します
関連エントリー
 たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  浴衣の着付け  補正用アイテム  練習用の振袖を激安で購入  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  振袖の変わり結び用帯枕  全通柄の名古屋帯でお太鼓  激安 練習用着物セット  半幅帯で貝の口を結ぶ  名古屋帯でふくら雀  留袖の着付けポイント  女性の袴  組紐体験教室 2日目  着物の着付け 練習用マネキン  組紐(くみひも)体験 初日  着物と帯を問屋さんから直接購入!  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着物のテキスト購入しました  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意  着物の下着の着方  タオルで補正  着付け教室 初日  着付け教室に通う準備  着付け教室の授業スタイル  着付け教室の探し方  着付け教室を探し始める