Top > 着付け教室備忘録 > 全通柄の名古屋帯でお太鼓

全通柄の名古屋帯でお太鼓

全通柄の名古屋帯でお太鼓を結んでみました。
今までは、ポイント柄の帯ばかりだったので、全通柄の場合だと手先の長さを決めるの、どうすればいいんだろうと思って教えてもらうことにしたんです。

全通柄の場合の手先の長さの決め方は、腰周りの半分とこぶし2個分くらいをとって、そこを後ろの中心にします。
中心を決めたら、あとは2周、帯を腰に巻いて、お太鼓を作ります。
腰に帯を巻いて、手先をただ折り返すだけ、という方法で結ぶ方もいるようですが、腰周りがゆるくなるというか、きつく結べないので手先とたれをひねるといいそうです。
交差させてひねるっていうほうが分かりやすいかも。
言葉で書くと難しいですね。

全通柄の名古屋帯で探したら、練習用の名古屋帯の安いものや着物がありそうですよ。
よく、オークションって要らないものを売ってるんでしょ?って聞かれますが、中古品ばかりではないんです。
ちゃんとしたショップがオークションを使って販売している場合のほうが多いんじゃないかと思います。
一度のぞいてみると分かると思いますよ。

着物関連サイトへ

着付け教室備忘録

着物の着方や帯の結び方を紹介します
関連エントリー
 たとう紙ごと着物が収納できる格安の桐ダンス  男性の浴衣:角帯で貝の口  浴衣の着付け  補正用アイテム  練習用の振袖を激安で購入  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  手結びの二重太鼓を結ぶコツ  改良枕で二重太鼓  着付け練習用のマネキン  振袖の変わり結び用帯枕  全通柄の名古屋帯でお太鼓  激安 練習用着物セット  半幅帯で貝の口を結ぶ  名古屋帯でふくら雀  留袖の着付けポイント  女性の袴  組紐体験教室 2日目  着物の着付け 練習用マネキン  組紐(くみひも)体験 初日  着物と帯を問屋さんから直接購入!  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  練習用の帯締め・帯揚げ  着物のテキスト購入しました  着付けの練習用着物は洗える着物で  紬の名古屋帯で練習  着物を着て名古屋帯を締めてみる  着付け練習用小物セットの用意  着物の下着の着方  タオルで補正  着付け教室 初日  着付け教室に通う準備  着付け教室の授業スタイル  着付け教室の探し方  着付け教室を探し始める