Top > 着付け・着物の雑記 > 二重太鼓の好みとコツ

二重太鼓の好みとコツ

二重太鼓を結ぶコツは、背中と帯枕の間の帯を平らにすることです。
帯枕を当てる帯の場所を、胴に巻いた帯の結び目から離すと背中に当たる部分を平らにすることができます。

帯枕にもいろいろ種類がありますが、二重太鼓をキレイに作れるのは、横方向の長さが長いものだと思います。
あとは好みにもよりますが、高さは低いほうが落ち着いて見えるようです。
変わり結びをするときには、帯枕は高いほうが立体感が出てキレイに見えます。

二重太鼓の好みとしては、角を落とすか落とさないか、ということもあります。
角を落とせば女性らしい柔らかい感じを出すことができますが、角を落とさないで角をしっかりとると、キチッとした感じを出すことができます。

いずれも、好みの問題で良いとか悪いとかといったことではありません。
いろいろ試してみて、自分の好みのパターンを見つけるのも良いでしょう。

着物関連サイトへ

着付け・着物の雑記

関連エントリー
 振袖の着付け  踊りの着物の着付け<本番デビュー>  踊りの着付けに<初めて>行ってきました  七五三の着物:格安の被布セット  お祭りと浴衣の着付け  佐波理(さはり)の帯  二重太鼓を結ぶ時の注意点  二重太鼓の好みとコツ  着付けの先生方にお会いしました  卒業式の袴の着付け  お正月を着物で  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  日本舞踊の着付け  浴衣の着方・半幅帯の結び方を習う  ファンデーション(化粧品)で汚れた着物を京洗いに  着物がファンデーションで汚れた?  茶色の着物が白く・・・  着付けを習い始めるきっかけ