Top > 着付け・着物の雑記 > 二重太鼓を結ぶ時の注意点

二重太鼓を結ぶ時の注意点

着物の着付けをしてあげる際、一番多いのは二重太鼓だと思います。
二重太鼓を結ぶコツは?とよく聞かれますが、コツもさることながら、注意点もあるので、紹介したいと思います。

まず、二重太鼓の大きさです。
お太鼓の大きさは身長に合わせて、大きめ、小さめを決めてあげるとよいでしょう。
身長が低い人には小さいお太鼓、高い人には大きめのお太鼓です。
身長が低い人に大きい二重太鼓を締めてしまうと、バランスが悪くて見栄えが悪いです。

それから、位置も少し気を遣うとよいと思います。
二重太鼓の位置が低くなってしまうと(帯全体が低くなってしまうと)、これも見栄えが悪いです。
高めにすると若々しく見えますが、歳相応に、バランスを考えるとよいでしょう。

私は腕付の和装マネキンを購入して、Yahoo!オークションで買った6300円の正絹の袋帯で二重太鼓の練習をしてます。


私が購入した着付け練習用のマネキンは、腕も可動ですし、振袖の時でも袖を腕にかけておけるので便利です。
何より一番気に入っているのは、
他のマネキンでよく聞く、バランスが悪いとか、倒れるとかといったことがない
ということです。

着付けの練習をするのに重宝しています。

着物関連サイトへ

着付け・着物の雑記

関連エントリー
 振袖の着付け  踊りの着物の着付け<本番デビュー>  踊りの着付けに<初めて>行ってきました  七五三の着物:格安の被布セット  お祭りと浴衣の着付け  佐波理(さはり)の帯  二重太鼓を結ぶ時の注意点  二重太鼓の好みとコツ  着付けの先生方にお会いしました  卒業式の袴の着付け  お正月を着物で  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  日本舞踊の着付け  浴衣の着方・半幅帯の結び方を習う  ファンデーション(化粧品)で汚れた着物を京洗いに  着物がファンデーションで汚れた?  茶色の着物が白く・・・  着付けを習い始めるきっかけ