Top > 着付け・着物の雑記 > 佐波理(さはり)の帯

佐波理(さはり)の帯

練習用の全通(総柄)の袋帯が欲しくて、だいぶYahoo!オークションで探してました。
でも、全通の袋帯ってどれも高くなってしまうんです。5万、10万は当たり前、20万程度なんてザラ、そんな感じです。
毎日見ていれば 掘り出し物って出てくるものなんですが、今回は、目の保養も兼ねて、京都の卸問屋さんから着物というか練習用の全通の袋帯を見せてもらうことにしました。

練習用にできる安い全通の袋帯が欲しい!と伝えてあったので、すぐに決まりました。
そればかりでなく、見せてもらった帯の中に珍しい帯があって、結局この帯も買ってしまいました!
それが、佐波理(さはり)というメーカの帯です。
Yahoo!オークションなどで、まれに「佐波理風」という名前で出ていたりすることもあるのですが、それはニセモノ。本物は、ものすごく高級な帯です。

見せてもらった帯は黒っぽいベースの色。帯は柔らかい生地で、軽い。締めやすそうで、苦しくなさそう、そんな帯でした。
結局その帯がめちゃくちゃ気に入ってしまって、購入決定!
だいぶ安くしてもらいました。ラッキーです^^


着物の値段って、呉服屋さんで購入するときは、だいたい卸値の2倍から3倍になっているんだそうです。
私たちが卸値なんて知る由もないんですが、京都の着物の卸問屋さんによると、まぁこのくらいなんだとか。
かなり中間マージン取られてるんだなと思いました。
もっとも、着物は普段着とは違って毎日売れるものではないから、そのくらいは上乗せされてもしょうがないのかも。

でも今回はとってもいい買い物したので、ご機嫌です。

着物関連サイトへ

着付け・着物の雑記

関連エントリー
 振袖の着付け  踊りの着物の着付け<本番デビュー>  踊りの着付けに<初めて>行ってきました  七五三の着物:格安の被布セット  お祭りと浴衣の着付け  佐波理(さはり)の帯  二重太鼓を結ぶ時の注意点  二重太鼓の好みとコツ  着付けの先生方にお会いしました  卒業式の袴の着付け  お正月を着物で  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  日本舞踊の着付け  浴衣の着方・半幅帯の結び方を習う  ファンデーション(化粧品)で汚れた着物を京洗いに  着物がファンデーションで汚れた?  茶色の着物が白く・・・  着付けを習い始めるきっかけ