Top > 着付け・着物の雑記 > お祭りと浴衣の着付け

お祭りと浴衣の着付け

お祭りの民謡流しでは浴衣を着ますね。
私の会社では、毎年約100人くらいが民謡流しに参加するんですが、今年初めて男性陣の浴衣の着付けの手伝いをしました。

100人の内訳は、男性が約80人、女性が約20人です。
1時間半くらいで男性80人の着付けをするんですが、今年は、9人で手分けすることにしました。
割り当ては1人9人。
1時間半で9人ですから、単純計算で着付けに1人あたり10分かけられるわけです。

かなり余裕を持って着付けすることができたので、今回は成功です^^
着崩れすることもなかったようで、よかったよかった。

でも、女性の着付けをしてくれたのが、日本舞踊を習っている方らしいんですが、扇子を入れるような着付けをしたらしく、民謡流しで踊っている間に着崩れしたんだそうです。
帯の締め方がゆるかったのか、帯の合わせ方が悪かったのか・・・。
大変だったようです^^;

着物関連サイトへ

着付け・着物の雑記

関連エントリー
 振袖の着付け  踊りの着物の着付け<本番デビュー>  踊りの着付けに<初めて>行ってきました  七五三の着物:格安の被布セット  お祭りと浴衣の着付け  佐波理(さはり)の帯  二重太鼓を結ぶ時の注意点  二重太鼓の好みとコツ  着付けの先生方にお会いしました  卒業式の袴の着付け  お正月を着物で  夏用の着物  袋帯で二重太鼓を結ぶ  日本舞踊の着付け  浴衣の着方・半幅帯の結び方を習う  ファンデーション(化粧品)で汚れた着物を京洗いに  着物がファンデーションで汚れた?  茶色の着物が白く・・・  着付けを習い始めるきっかけ