Top > 着付け教室備忘録

着付け教室備忘録

着物の着方や帯の結び方を紹介します

着付け教室備忘録一覧

男性の浴衣:角帯で貝の口

夏祭りの盆踊りで着る男性の浴衣の着付けをすることになって、練習をしました。 角帯で帯締めの練習です。 ポイントは次のとおり。 女性の着物や浴衣と違い、男性の浴衣の着付けは衿を抜く必要はありません。 むしろ、首にくっついているくらいでOK。 衿は引き気味にして合わせると、くずれにくく、はだけることが

男性の浴衣:角帯で貝の口の続きを読む>

浴衣の着付け

今日は浴衣の着付けを練習しました。 浴衣は去年も練習したんですが、半幅帯の結び方をすっかり忘れてしまってました^^; 浴衣を着付ける時のポイントは、衿芯を入れることなんじゃないかと思います。 衿芯を入れない方もいるようですが、着物のように、入れたほうがピシッっとしてカッコイイです。 私が買った既製

浴衣の着付けの続きを読む>

補正用アイテム

着物の着付けをするにあたって、補正ができるかできないか(補正をするかしないか)で、だいぶ着付けの仕上がりが違ってきます。 最近の若い女性は、着物が似合う寸胴体型ではないので、やっぱり補正したほうがキレイです。 補正アイテムとして簡単なのはタオルですが、タオルだと簡単に補正アイテムを作ることができます

補正用アイテムの続きを読む>

手結びの二重太鼓を結ぶコツ

手結びの二重太鼓は、着付けてあげるときの練習をずっとしてました。 腕つきマネキン(ランキング1位のマネキン)を購入してから、ずっと(笑) 着付けの先生からは、「二重太鼓は一番結ばれる帯結びだし、帯を2本はダメにするくらい練習しないと一人前にはなれない」と^^ 「毎回同じように結んでいても、どこかしら

手結びの二重太鼓を結ぶコツの続きを読む>

手結びの二重太鼓を結ぶコツ

手結びの二重太鼓は、着付けてあげるときの練習をずっとしてました。 腕つきマネキン(ランキング1位のマネキン)を購入してから、ずっと(笑) 着付けの先生からは、「二重太鼓は一番結ばれる帯結びだし、帯を2本はダメにするくらい練習しないと一人前にはなれない」と^^ 「毎回同じように結んでいても、どこかしら

手結びの二重太鼓を結ぶコツの続きを読む>

改良枕で二重太鼓

改良枕を使って、二重太鼓の帯結びを練習しました。 改良枕があると、後ろに手が回りにくい方でも簡単に帯が結べますね。 今回は、袋帯の六通柄で着付けの帯結び、二重太鼓を練習しました。こんなに簡単に二重太鼓が一人で結べるなんて思ってなかったんですが、ほんと、簡単に結べてビックリです。 改良枕は、変わり結び

改良枕で二重太鼓の続きを読む>

振袖の変わり結び用帯枕

振袖の着付けを練習しました。 振袖は今回で2回目なんですが、先回の着付けの練習のときは、先生の持っていた振袖を借りました。今回は、自分の振袖を持っていって練習です。 着付けのポイントは、普通の小紋や訪問着などと変わらないと思います。 ただ袖が長いだけ。 でも、袖が長い分、長襦袢がはみ出しやすくなるの

振袖の変わり結び用帯枕の続きを読む>

全通柄の名古屋帯でお太鼓

全通柄の名古屋帯でお太鼓を結んでみました。 今までは、ポイント柄の帯ばかりだったので、全通柄の場合だと手先の長さを決めるの、どうすればいいんだろうと思って教えてもらうことにしたんです。 全通柄の場合の手先の長さの決め方は、腰周りの半分とこぶし2個分くらいをとって、そこを後ろの中心にします。 中心を決

全通柄の名古屋帯でお太鼓の続きを読む>

半幅帯で貝の口を結ぶ

半幅帯で貝の口を結んでみました。 本来ならば、最初に着付けで習う帯結びなんだそうです。 私の場合は、名古屋帯と袋帯を持っているけれど半幅帯を持っていなかったので、後回しになっていました。 男性の着物のときに角帯(三尺帯)を結びましたが、そのときに貝の口を教わっていました。 貝の口の結び方は男性用も女

半幅帯で貝の口を結ぶの続きを読む>

名古屋帯でふくら雀

全通柄の名古屋帯でふくら雀を結ぶ練習をしました。 名古屋帯でふくら雀を結ぶなんて、考えてもみなかったんですが、簡単にふくら雀が結べたのでびっくりです。 使ったのは、名古屋帯と改良枕です。 改良枕でのふくら雀は袋帯のときも習っていたのですが、名古屋帯でも簡単に結べました。 道具(小物)がないときは手結

名古屋帯でふくら雀の続きを読む>

留袖の着付けポイント

着付け教室で留袖を着せる練習をしました。 留袖を着せるポイントとしては、比翼(ひよく)を少し引き気味にして衿先ベルト(コーリンベルト)で留めるということでした。 それから、留袖は重いので、丈合わせをしている時にだんだん落ちてきてしまいます。 丈を合わせたつもりが、裾を見たら「アレ?下がってきてる?」

留袖の着付けポイントの続きを読む>

女性の袴

着付け教室で女性の袴の着付け練習をしました。 袴を着付けるポイントは、着物の裾を袴の裾よりも高くしなくてはいけないということです。普通に着物を着せたら袴から着物が見えてしまいますからね。 おはしょりを多く取るのも手ですし、普通に着物を着せてから裾を腰の辺りまで上げて腰紐でしばるというのも手です。 人

女性の袴の続きを読む>

組紐体験教室 2日目

組紐の体験教室2日目です。 私の着付けの先生は組紐の先生もしているので、体験教室を開いてくれました。 先回の続きということで、組紐用の糸を組んでいきます。 組んでいるのは平織り。手組み組紐ということになります。 着物のネットショップなどで、よく「手組み」と書いているものがありますが、機械織りでないも

組紐体験教室 2日目の続きを読む>

着物の着付け 練習用マネキン

着物の着付けの練習用マネキンを買いました! 私が買ったのは、腕付の和装マネキンです。 正直、いろいろ比べました。値段だけではく、重さや安定感など、いろいろです。で、結局選んだのが写真の腕付マネキンです。(クリックすると販売サイトのページで詳細が見れます) 着付け教室では、腕のないマネキンで練習してい

着物の着付け 練習用マネキンの続きを読む>

組紐(くみひも)体験 初日

組紐(くみひも)の丸台 も 組紐の角台 もオークションに時々出品されてます。 私の通っている着付け教室の先生は、組紐の先生もしています。 私が組紐に興味がある、やってみたいと以前 話していたんですが、そのことを覚えていてくれて、夏の暑い時は組紐の体験ということで、カリキュラムを組んでくれました。 組

組紐(くみひも)体験 初日の続きを読む>

着物と帯を問屋さんから直接購入!

私、Yahoo!オークション(ヤフオク)が大好きですが、どうしても、持っている付け下げ訪問着用の袋帯が欲しくて、着付けの先生から問屋さんを直接紹介してもらいました! 名古屋帯はあったんですが、正式な場には着ていけないということを知って、袋帯を探していました。お気に入りの着物ですから、じっくりとヤフオ

着物と帯を問屋さんから直接購入!の続きを読む>

夏用の着物

着物にも夏物があります。 だいたい、6月からは夏物の着物になり、9月半ば過ぎくらいまでは夏物でよいようです。 夏物の着物といってもいろいろあります。 着物はおおまかに、袷衣(あわせ)、単衣(ひとえ)、薄物(うすもの)の3種類がありますが、夏物といったら、単衣と薄物になります。真夏は薄物を着ることが多

夏用の着物の続きを読む>

着物のテキスト購入しました

着付け教室に行き始めたおかげで着物を着る機会がぐーんと多くなりました。・・・当たり前ですが^^着物の魅力にどんどん惹かれていって、ただ着物を自分で着れたり、人に着せることができたりするだけでなく、もっと勉強したくなりました。 着付け教室で習っているのと同じ帯の結び方を写真や絵の状態で書いてあるものが

着物のテキスト購入しましたの続きを読む>

着付けの練習用着物は洗える着物で

着付け教室に通う時に一番困るのが着物だと思います。着付け教室では着物を着る練習をするわけですから、どうしても着物がいるわけです。 それに、着物用の下着(肌着、裾よけ)や小物も必要ですね。 着付け教室に通って着物の着付を練習するのに、高い着物を使うのはちょっとというかかなりもったいないです。着物の扱い

着付けの練習用着物は洗える着物での続きを読む>

紬の名古屋帯で練習

着付け教室の3日目では着物を一人で着る練習をしました。 名古屋帯を締めるところまで、思い出しながら締めてみます。だいたい40分~45分くらいかかってしまいました。まだまだ練習が必要です。 紬(つむぎ)の帯は形をとるのが難しい!やわらかいので、たるみやすくなっています。 先生曰く、この紬の名古屋帯は、

紬の名古屋帯で練習の続きを読む>

着物を着て名古屋帯を締めてみる

着付け教室に通い始めて2日目です。 着物を自分で着てみて、名古屋帯を締めてみるところまでを習いました。 私は、ちょっと高価な名古屋帯しか持っていなかったので、練習用の帯にするにはもったいなくって、Yahoo!オークションで名古屋帯を購入しました。 オークションで買った名古屋帯のお値段、なんと!5,0

着物を着て名古屋帯を締めてみるの続きを読む>

着物の下着の着方

着付け教室では、まず、自分で着物が着れるようになることを目標としています。帯は名古屋帯です。着物を着る前に、足袋と下着を着ます。 着物の下着は私自身、何回も着たことがあります。まず足袋を履いてから下着です。 着物用下着の上着のほうを肌着(はだぎ)、下のスカートのようなものを裾よけ(すそよけ)といいま

着物の下着の着方の続きを読む>

タオルで補正

着物は洋服と違って、寸胴のほうが美しく見えます。ですので、腰が細い人にはタオルを使って補正を行います。 補正は他にも、例えば胸のところに入れたり、腰から尻にかけてくびれを少なくするために入れたりもします。 補正用に、タオルと腰紐を使う方法を教わったので、作り方を記載します。 1. 腰の補正 腰の補正

タオルで補正の続きを読む>

着付け教室 初日

着付け教室に今日から通い始めました。 授業が始まって、初めにチェックしたのは、持って行った着付け道具、つまり着物と帯と着物の小物です。練習用のポリエステルの着物と名古屋帯、それと着物の小物。着物は洗える着物です。 私は大きな荷物だと不便だと思い、風呂敷に包んでコンパクトにまとめていきました。 練習用

着付け教室 初日の続きを読む>

着付け教室に通う準備

着付け教室に通い始めるには着物の道具が必要です。 着物の小物を含めて一式用意して持って行くことに。 でも私、着物の小物にどんなものがあって、何が必要なのかさっぱりわかりません。なので、母に手伝ってもらって用意しました。 とりあえず、振袖を買ってもらったときに小物を含めて一式揃っています。その振袖用の

着付け教室に通う準備の続きを読む>

着付け教室の授業スタイル

着付け教室の授業スタイルを聞きに、着付け教室へ行きました。 先生は着物を着ていらっしゃいましたよ、やっぱり。とってもステキな先生です。 年代にして60代かなって感じです。 まず、授業のスタイルについて聞いてみました。 授業は1コマ90分。一般的には着付師のコースを受講する人が多いらしく、初級から始ま

着付け教室の授業スタイルの続きを読む>

着付け教室の探し方

自分で着物を着れるようにならなければ!と思い、着付け教室を探し始めました。 着付け教室の探し方はいろいろあると思います。例えば、ハローページとかといった電話帳で探すのもいいでしょうし、新聞の折込広告を探してもいいでしょうし。 今の時代ならインターネットで探すとか。私はインターネットを駆使して探すのが

着付け教室の探し方の続きを読む>

着付け教室を探し始める

着物のスレでショックを受けている私。スレとは擦れてできた小傷のこと。丁寧に着物を扱っていれば、そう簡単には傷はつかないらしいのですが・・・。 着物のスレはクリーニングに出したからといって直せるものではありません。洗うのとは違って、直さなくてはならないからです。きちんとした専門店でなければ、着物のスレ

着付け教室を探し始めるの続きを読む>