Top > 着付け・着物の雑記

着付け・着物の雑記

着付け・着物の雑記一覧

振袖の着付け

1月といえばお正月と成人式。それに、初釜といったところでしょうか。 お正月なら初詣で着物を召される方もいらっしゃいますし、成人式なら振袖や羽織・袴、初釜なら訪問着といったところでしょうか。 1月に一番たくさん着付けの仕事があるのはやっぱり振袖の着付けでしょう。 成人の日1日に集中するっていうことと、

振袖の着付けの続きを読む>

踊りの着物の着付け<本番デビュー>

踊りの発表会の着物の着付けを仕事としてデビューしました。今回は先週の予行練習に続き、本番です。本番ですから失敗はできません。 帯結びの種類は全部で25種類。 25種類もあると、頭が混乱しそうになるので、写真に取ってパンフレット(目次のある冊子)に貼り付け、すぐに見れるように工夫しておきました。 帯結

踊りの着物の着付け<本番デビュー>の続きを読む>

踊りの着付けに<初めて>行ってきました

初めて踊りの着付けに行ってきました。 帯結びの種類は、半幅帯と袋帯の全部で22種類。文庫系8種類、お太鼓系6種類、そのほかの創作変わり結び、半幅帯、はかまで、22種類です。 意外に多かったです。 まずはリハーサル。 帯はリバーシブルで、表と裏ではだいぶイメージが違う帯でした。リハーサル時には着物を着

踊りの着付けに<初めて>行ってきましたの続きを読む>

七五三の着物:格安の被布セット

秋になると、七五三の着物の準備をする方が増えますね。 多くの方は、着物をレンタルして写真を撮るというパックというかセットを利用するんだそうです。 記念ですから、やっぱり写真は残しておきたいですね。 でも、記念の写真を撮るのとは別に、自分のデジカメで写真を撮っておけばいい!という方もいらっしゃいます

七五三の着物:格安の被布セットの続きを読む>

お祭りと浴衣の着付け

お祭りの民謡流しでは浴衣を着ますね。 私の会社では、毎年約100人くらいが民謡流しに参加するんですが、今年初めて男性陣の浴衣の着付けの手伝いをしました。 100人の内訳は、男性が約80人、女性が約20人です。 1時間半くらいで男性80人の着付けをするんですが、今年は、9人で手分けすることにしました。

お祭りと浴衣の着付けの続きを読む>

佐波理(さはり)の帯

練習用の全通(総柄)の袋帯が欲しくて、だいぶYahoo!オークションで探してました。 でも、全通の袋帯ってどれも高くなってしまうんです。5万、10万は当たり前、20万程度なんてザラ、そんな感じです。 毎日見ていれば 掘り出し物って出てくるものなんですが、今回は、目の保養も兼ねて、京都の卸問屋さんから

佐波理(さはり)の帯の続きを読む>

二重太鼓を結ぶ時の注意点

着物の着付けをしてあげる際、一番多いのは二重太鼓だと思います。 二重太鼓を結ぶコツは?とよく聞かれますが、コツもさることながら、注意点もあるので、紹介したいと思います。 まず、二重太鼓の大きさです。 お太鼓の大きさは身長に合わせて、大きめ、小さめを決めてあげるとよいでしょう。 身長が低い人には小さい

二重太鼓を結ぶ時の注意点の続きを読む>

二重太鼓の好みとコツ

二重太鼓を結ぶコツは、背中と帯枕の間の帯を平らにすることです。 帯枕を当てる帯の場所を、胴に巻いた帯の結び目から離すと背中に当たる部分を平らにすることができます。 帯枕にもいろいろ種類がありますが、二重太鼓をキレイに作れるのは、横方向の長さが長いものだと思います。 あとは好みにもよりますが、高さは低

二重太鼓の好みとコツの続きを読む>

着付けの先生方にお会いしました

この間、着付け講師の先生方が多く集まる会合があり、そこに出席してきました。 えっと、私はまだ着付けの講師としての職業には就いていませんが、一応、講師になる資格を先日取ったので、この会合に出席した、ということなんです。 着付けの先生ともなると、いろいろな着物を着ていらっしゃいます。 これは高価な着物だ

着付けの先生方にお会いしましたの続きを読む>

卒業式の袴の着付け

もうすぐ卒業式や謝恩会に着ていく衣装を考え始める頃ですね。 今年は袴の着付けの練習をしたので、もし(笑)袴の着付けを頼まれても、ちょっと練習すれば着付けできます^^ 袴の場合、着物の着付けは裾を上げるのが普通の着物とは違うところですが、その裾の上げ方も人によってさまざまあるようです。 おはしょりを

卒業式の袴の着付けの続きを読む>

お正月を着物で

着付け教室に通い始めて早8ヶ月が過ぎました。時がたつのは早いものです。 着物が自分で着れるようになると、お正月は着物で過ごしたいなんて思ってしまいます。 訪問着などの高価な着物を着て・・・というのはさすがにちょっともったいない気がしますが、小紋や紬なら着れるかな。 ポリエステルの着物(洗える着物)な

お正月を着物での続きを読む>

夏用の着物

着物にも夏物があります。 だいたい、6月からは夏物の着物になり、9月半ば過ぎくらいまでは夏物でよいようです。 夏物の着物といってもいろいろあります。 着物はおおまかに、袷衣(あわせ)、単衣(ひとえ)、薄物(うすもの)の3種類がありますが、夏物といったら、単衣と薄物になります。真夏は薄物を着ることが多

夏用の着物の続きを読む>

袋帯で二重太鼓を結ぶ

袋帯で二重太鼓の結び方を習いました。ごくごく一般的な袋帯の結び方のひとつです。 帯と一言で言っても、名古屋帯、袋帯、丸帯などがありますし、柄のつけ方も全通柄、六通柄、ポイント柄など、さまざまなものがあります。 全通柄や六通柄は帯の締め方も同じ感じで結べます。大まかに言って、柄の位置にあまりこだわらな

袋帯で二重太鼓を結ぶの続きを読む>

日本舞踊の着付け

私の着付け教室の先生は、日本舞踊の着付けなどもお仕事として受けているんだそうです。 着付けというと、美容室で髪をセットして、着物を着付してもらうっていうイメージだったんですが、日本舞踊などの、いわゆる「踊り」も和服ですから、着物の着付けがあるわけです。 自分で着物を着るのではなく、着付師が着せていた

日本舞踊の着付けの続きを読む>

浴衣の着方・半幅帯の結び方を習う

着付け教室ではいろいろな着物の着付け方、着せ方を習います。 今回は浴衣の着方を習いました。もちろん、半幅帯の締め方・結び方も数種類習いました。 ただのリボンではなくって、ちょっと変わった可愛い結び方も習いました。 浴衣と一口でいっても、ピンからキリまであります。 例えば、安いものですと、 浴衣と半幅

浴衣の着方・半幅帯の結び方を習うの続きを読む>

ファンデーション(化粧品)で汚れた着物を京洗いに

着物をファンデーションで汚してしまったと思っていたので、このお店にクリーニングというか洗いをお願いしました。もともとは、Yahoo!オークションをしていて見つけたサイトです。 近くの京洗いのお店の数分の1の価格で洗ってもらえるということで、値段的にどうかななんて思っていたんですが、口コミの評価がもの

ファンデーション(化粧品)で汚れた着物を京洗いにの続きを読む>

着物がファンデーションで汚れた?

いけばなの教授免状をもらってきて、着物をたとう紙から出してみてビックリです。 茶色い着物がかなりの範囲にわたって白くなっているんです。 帯の周り、背中の部分、上前の襟のあたり・・・。 とにかく広範囲にわたっています。手で払ってみましたが取れません。 その時は、ファンデーションか何か、化粧品の汚れだと

着物がファンデーションで汚れた?の続きを読む>

茶色の着物が白く・・・

着付け教室へいこうと思ったきっかけは、着物が傷んでしまったから・・・。 いけばなの教授免状をもらいに京都へ行ったときのこと。私は自分で着物が着れないので、いけばなの先生に着物を着付けてもらうことになっていました。お気に入りの着物をまた着れる!って思ってルンルンです。 ところが・・・。 その先生が行方

茶色の着物が白く・・・の続きを読む>

着付けを習い始めるきっかけ

着付けを習い始めるきっかけって、きっとみなさんそれぞれだと思います。 私は、もともと着物を着る機会なんてほとんどありませんでした。 着物を着たのは成人式、卒業式くらいです。 それも振袖。 それがなぜ着付けを習い始めるようになったかといえば、きっかけはいけばなです。 会社に勤めてからいけばなを習い始め

着付けを習い始めるきっかけの続きを読む>